OwlTail

Cover image of Automagic Podcast

Automagic Podcast

Webやアプリのデザインの仕事に携わる長谷川恭久が、今活躍していらっしゃるプロの方を招いていろいろな話をしています。

Popular episodes

All episodes

The best episodes ranked using user listens.

Warning: This podcast data isn't working.

This means that the episode rankings aren't working properly. Please revisit us at a later time to get the best episodes of this podcast!

Podcast cover

#332 ヘッドレスCMSの強みを知ろう(加藤 健太さん)

ヘッドレスCMSの開発に携わっている加藤 健太さん(@katoh_kenta)がゲスト。様々な Web サイト管理・運用手段があるなか、どういうときにヘッドレスCMSが活きるのか。不得意なところも踏まえながら教えていただきました。株式会社ディバータKuroco(クロコ) | API中心設計のエンタープライズ・ヘッドレスCMSそもそもヘッドレスCMSってなに?手段の道筋が増やせるMicroservices – Netflix TechBlog時代、トレンドに合わせたモノ作り過去の資産を使って時代の流れに合わせる未来のために 自由・柔軟性を担保する企画力が問われる使っていただきたい方達にどう伝えるかポッドキャストしませんか?: Meety

10 May 2022

Rank #1

Podcast cover

#331 デザインシステム浸透に欠かせないサポートについて

デザインシステムは使われてようやく価値になります。なので、小さくても良いので運用・サポート体制を作っていくことが重要です。有志だけで作ったほうがスピードも速いですが、広げるための仕組み作りが広く使われるデザインシステムになるかどうかの分かれ道になります。デザインシステム浸透に欠かせないサポートについて#310 UIの品質って何ですかねぇ?#319 前向きな姿勢がプロダクトを良くする(小木曽 槙一さん)デザインシステムは『納品』するものではない効率的に作るために必要な理解やスキル小さな認識のズレが大きな誤解になるチャットだけでは足りない問い合わせ窓口認識を合わせるための活動品質 担保できる範囲を明確にするポッドキャストしませんか?: Meety

8 May 2022

Rank #2

Similar Podcasts

Podcast cover

#330 制作会社が携わるべきデザインとは(中野 浩明さん)

株式会社スリーのアートディレクター / Webディレクター / デザイナー として活躍している中野 浩明さん(@HiroakiNakano)がゲスト。仕事が増えてきた背景や、求められるデザインへの期待にどう応えているか教えていただきました。経験がある方ならではのデザインの仕事論についていろいろ聞ける内容です。ホームページ制作・Webサイト制作・Web制作|株式会社スリー THREE Inc.コロナ禍で変わってきた問い合わせ経路新規の方との期待値の合わせ方言葉や感覚を合わせていくテンプレで十分と思うとき今の時代におけるブランドサイトの役割は仕事の進め方、タスクの捉え方そのとき必要なコミュニケーションは何かプロセスと即興アートディレクションとデザインシステムポッドキャストしませんか?: Meety

11 Apr 2022

Rank #3

Podcast cover

#329 余分なものを作る余裕はないわけです(宮下 竜大郎さん)

Chatwork でプロダクトマネージャーをしている宮下 竜大郎さん(@ryugoo_)がゲスト。エンジニアからプロダクトマネージャーになって広がった視点や、作っていたからこそ分かる価値について話していただきました。エンジニア、デザイナー、プロダクトマネージャーとの協働のヒントも。プロダクトマネージャーを選んでいる理由自分だからできることは何かプロダクトマネージャーにはできないデザイナーの強みを活かす方法変わり続けるユーザーへの理解ビジネス、ユーザー、開発の三点から考える難しさ様々な背景がある人たちと一緒に働くこと視覚化に貪欲なる作り手の視点が合わなくなるとき課題への取り組み方、見方を広げるための知識どれだけ「Why」を深掘りして考えられるか課題解決に先走っていないか我々が解決すべき課題は何かを知ることが大事PdM になったときにやったことChatwork Creator’s Noteポッドキャストしませんか?ロジックだけでは正論パンチになってしまい解決につながらない。ちゃんと話を聞いてみたり、場を設けてみると、実は「気のせいだった」とか「わからないから」で止まっちゃってた、みたいなケースもある。というお話が印象に残った https://t.co/dMYBA1Ecce— 山田 (@whoringsthebell) March 16, 2022 #furoshiki_fm 「デザイン」とスクラムの交差点課題をリアルな温度感でお話されてたのが良かった。そしてお三方ともお話がわかりやすい! これも職能なのかな。「ちゃんとデザインする」#automagic ならヤスヒサさんが掘り下げるだろう言葉の意味を聞けて面白かった。 https://t.co/JQEME6fAIS— majimasachi🐖 (@mjmjsachi) March 8, 2022 #furoshiki_fm 面白かったです。分野は違うけど私も最近、会社の上の人の話など聴いて自分なりに構想した落とし込み方など、とりあえずざっと言葉と図にして見せたところ、相手方で思考を進める一助になって。たたき台を形にして見せるのを意識的にやってこうと思っていたところ励まされる内容でした— hysmrk (@marimari) March 13, 2022

29 Mar 2022

Rank #4

Most Popular Podcasts

Podcast cover

#328 広義なデザインと向き合いたい(furoshiki.fm)

furoshiki.fm のお二人、いっしーさん(@oturu333)  とひろみつさん(@hiromitsuuuuu)とで、仕組みのデザインについて意見交換をしました。エンジニア、デザイナーといった『作る』お仕事経験のある二人がなぜ仕組みに興味をもって活動しているのか。ポッドキャストを続けているモチベーションと重なるところもありました。furoshiki.fmep.14 「デザイン」とスクラムの交差点 by furoshiki.fm株式会社アカツキ(Akatsuki Inc.)furoshiki.fm 誕生秘話アジャイルを組織に広める肩書きって気にします?スクラムで働くデザイナーの難しさ政治力!影響力! by furoshiki.fmうまく噛み合わないサイクルとどう向き合うかエンジニアリングマネージャーの役割仕組みを作るだけでは物事は変わらない伝え方の工夫で先入観がなくなるデザイナーとして譲れないところ情報設計を学んで活かすためのアプローチ面倒くさんの働き方デザインとスクラムなかよくする会【EM必読】エンジニアリングマネジメントトライアングルの考察:序 - STEAM PLACEポッドキャストしませんか? (Meety)組織の文化を変える?のが好きという仙田さんに共感しました。ただ現状上手くいってなくて、仙田さんの取り組みを参考にしようと思ってます。仙田さんと同年代なのでさらに頑張ろうと思えます🔥#automagic https://t.co/5MGwE3HGpW— ひとみ hitomi|編集力鍛える💪 (@ichito0123) March 1, 2022

15 Mar 2022

Rank #5

Podcast cover

#327 人の話を聞くのは楽しいです(仙田 真郷さん)

note の UX リサーチャー・仙田 真郷さん(@masatosend)に、リサーチの面白さと立ち上げ時のアプローチについて話していただきました。結果を見せるだけでは伝わりにくい。リモートだから組織露出が難しい状況をどう乗り越えているのか。苦労も多いリサーチにある魅力は何でしょうか。生まれたばかりのUXリサーチチームを社内に知ってもらうための取り組み|仙田 真郷|noteあえてリサーチに絞っている理由組織文化を定着させるにはレポートになった瞬間『遠い』存在になる情報共有の工夫リモートワーカーに欠かせないドキュメントスキルを磨こう見て欲しい人たちにきちんと届けるリサーチの接触頻度を上げる#325 前進し始めているリサーチ活動の次のステップとはプロダクト開発にインパクトのあるリサーチを能動的なリサーチ活動ポッドキャストしませんか?: Meety

28 Feb 2022

Rank #6

Podcast cover

#326 デザインで提供できる『価値』ってなに?(なみこさん)

KOEL DESIGN STUDIO でデザイナーをされている、なみこさん(@namimorinamiko)がゲスト。ベンチャー企業ではプロダクトオーナー兼デザイナーをしていたなみこさんは、KOEL ではデザイナーとして仕事をしています。立場も周りとの関わり方も変わったなかで、なみこさんが考える提供したいデザインの価値と伝えることの難しさについて話していただきました。KOEL DESIGN STUDIO by NTT Communicationsベンチャー企業から転職して気づいた大企業の3つの誤解|KOEL Design Studio by NTT Communications|noteプロダクトオーナーとデザイナーの間で計測しやすいところだけでは不十分とはいえ長い期間を見据えた仕事プロセスの一部を変えても何も変わらないKOEL のデザイナーとして働くことの魅力一緒に働く人について考える機会が増えた同じことを考えてもすれ違うことはある今の組織にとって必要なことを、周りを巻き込みながら、できることから少しずつ、やってこう。やってかないと現状打破できん。やるぞ。やるわよ。(宣言しないとやらないタチ) https://t.co/aEYawNNbL2— 湘南のヨーコ | さすらいのデザイナー (@ExitYoko) February 2, 2022 UXリサーチの現状と次なる課題をテーマにした回。現場で働くデザイナーとして、自分が日頃から抱いていた視点と一致して、わかるわかる〜と勢いで記録がてら要点メモした。#325 前進し始めているリサーチ活動の次のステップとはhttps://t.co/RXx7ILqmKz pic.twitter.com/3sqa84kV8L— たじー | Designer (@tajima_kaho) February 7, 2022

14 Feb 2022

Rank #7

Podcast cover

#325 前進し始めているリサーチ活動の次のステップとは

過去に「リサーチをする意味あるの?」「やったほうが良いと思うけど難しい」と言われていた時期もありましたが、今はリサーチをするためのノウハウが web や書籍でたくさん手に入るようになりました。そうしたなか、今のリサーチの課題は何でしょうか。「できる」から「続ける」ためにできることは何でしょうか。問いがマンネリを打破する正しさにある多面性デザイナーの定義も価値も変わり続けているどうやってリサーチするの?からリサーチをどう組織に取り込むの?フェイズへ『単発案件』になりやすいリサーチリサーチ結果に求める粒度の差求められている価値を提供することで信頼を得るプロダクトにインパクトがあると考えられるリサーチテーマプロダクトマネージャーにはできないデザイナーの強みを活かす方法#311 使いやすさってどう評価する?ポッドキャストしませんか?: Meety「問いを持つ」自分も含めて疑ってみる。正しいと思ったことも「本当にそうか?」と一度立ち返ってみる。または子どもみたいに「どゆこと?」と素朴に疑問を立てる。正直めんどくさいと思うけど、人って面倒を嫌うからこそ多くの人が避けてるってこともある。知らんけど。 https://t.co/gEQY8WF4lG— 町田祐一郎@愛媛/Webディレクター (@netacho) January 18, 2022 自分の姿勢を見直すきっかけに。「正しい」と思っていることは押し付けになることもある。だけど、「こう考えてみたらどうですか?」とクライアントでも会社の上司でも提案し続けることは大事(そう簡単には変えられないのでエネルギーを要する)。※現在実践中#automagic https://t.co/kESLZcJbuB— ひとみ|編集力鍛える💪 (@ichito0123) January 18, 2022 とても納得人間だからできる問うということデザイナーの存在意義を考える上では、デザイナーだからできる問い、について考えるべきなんだろうなどの職種にも当てはまるんだろうけど#automagic https://t.co/wEUlMoZEtF— murasho (@murasho_81) January 25, 2022

31 Jan 2022

Rank #8

Podcast cover

#324 デザインの仕事や業界に対して問う力

デザインの仕事を取り巻く様々な要素を考えなくて良いなら、あるべき論を語るだけです。結果、デザイン / デザイナーは常に正しいことをしているという偏った視点になることもあります。最善を尽くして働くなか、あえて「本当にこれで良いのか」と問う力は重要になります。テーマ「正しさに対する問い」なぜダメなデザインが生まれるのか「デザイン」に閉じ込めてしまうことの問題ダークパターンからどうしても抜け出せない状況とは『正しいコト』をするのは難しい誰も悪いことをしているとは思いたくないし、自分達は正しいことをしていると思いながら働いている問いが足りていないかもしれないA/B テストにある『闇』問うことがデザイナーにとって重要になる理由Zyro機械化・自動化でが難しい領域ポッドキャストしませんか?: Meety

18 Jan 2022

Rank #9

Podcast cover

#323 一緒にコンテンツ配信してみませんか?(千貫りこさん)

年末恒例のゲスト。デザイナーの千貫りこさん(@henyorico)とコンテンツ配信の面白さと難しさについて意見交換しました。彼女が 1 年間ポッドキャストをして気付いたことや、お互いコンテンツ作成・配信で気をつけていることを共有。来年からコンテンツ配信したい方向けのヒントが幾つか見つかるはず。Podcast番組「よかった探し」リモート講座で気をつけているコト受講者の集中力をどう維持するかハイペースでポッドキャストが続いている理由人気欲しい!ついつい対価を求めてしまう自然な口コミだけでは限界がある自分の世代から離れてみるポッドキャストしませんか?: MeetyAnchor - The easiest way to make a podcast個人でコンテンツ配信する最大のメリット質に対する捉え方の変化

27 Dec 2021

Rank #10