Cover image of Anton Bruckner

Anton Bruckner Podcasts

Read more

16 of The Best Podcast Episodes for Anton Bruckner. A collection of podcasts episodes with or about Anton Bruckner, often where they are interviewed.

Read more

16 of The Best Podcast Episodes for Anton Bruckner. A collection of podcasts episodes with or about Anton Bruckner, often where they are interviewed.

Updated daily with the latest episodes

Episode artwork

Anton Bruckner und sein Sinn fürs Makabre

Play
Read more
Für seine opulenten Bläsersätze ist er bekannt, für seine Religiosität, für seinen Hang zum Monumentalen. Weniger bekannt ist Anton Bruckners Neigung zum "Lethalen". Was es damit auf sich hat und in welcher Form der große Komponist seiner Vorliebe fürs Makabre frönte, hat das heutige ZOOM zusammengefasst.
Sep 12 2020 · 9mins
Episode artwork

Anton Bruckner: Sinfonie Nr.4

Play
Read more
Anton Bruckner war ein Spätentwickler: in einem Alter, in dem Mozart schon gestorben war, hatte er noch keine einzige Symphonie geschrieben. Mit über 40 aber legte der erzkatholische, kaisertreue Eigenbrötler los. Am bekanntesten wurde seine Vierte - vielleicht wegen des schönen Beinamens: "Romantische". (Autor: Michael Lohse)
Sep 03 2020 · 12mins
Episode artwork

Filmkritik: "Anton Bruckner. Das verkannte Genie"

Play
Read more
Zu Lebzeiten wenig anerkannt, gilt Anton Bruckner heute als einer der wichtigsten Komponisten der Romantik. In seinem Dokumentarfilm "Anton Bruckner. Das verkannte Genie" lässt der Regisseur Reiner E. Moritz Bruckner-Experten und renommierte Dirigenten zu Wort kommen. Kai Luehrs-Kaiser hat den Film für uns gesehen.
Jul 24 2020 · 6mins
Episode artwork

"Edison", "Anton Bruckner" und "Hitman Undead"

Play
Read more

Kritiken zu "Edison", "Anton Bruckner" und "Hitman Undead"


Lockere Filmkritiken zum selbst mitmachen!


Meldet euch via Mail (info@tele-stammtisch.de), Facebook, Twitter oder Instagram für den nächsten Podcast an!


Haupt-RSS-Feed | Filmkritiken-RSS-Feed

iTunes (Hauptfeed) | iTunes (Filmkritiken)

Spotify (Hauptfeed) | Spotify (Filmkritiken)

Website | Twitter | Facebook | Instagram

Skype: dertelestammtisch@gmail.com

Titel: Edison- Ein Leben voller Licht

Original: The Current War

Startdatum: 23.7.2020

Länge(min): 108

FSK: 6

Regie: Alfonso Gomez-Rejon

Darsteller: Benedict Cumberbatch, Oliver Powell, Sophia Ally uvm.

Verleih: Leonine Films

Trailer



Titel: Anton Bruckner-Das verkannte Genie

Original: Anton Bruckner A Giant in the Making

Startdatum: 23.7.2020

Länge(min): 96

FSK: 6

Regie: Reiner Moritz

Darsteller: Cornelius Obonya, Valery Gergiev, Simon Rattle uvm.

Verleih: Arsenal Film

Trailer



Titel: Hitman Undead

Original: The Driver

Startdatum: 23.7.2020

Länge(min): 97

FSK: keine Angabe

Regie: Wych Kaosayananda

Darsteller: Marc Dacascos, Julie Condra, Noelani Dacascos uvm.

Verleih: Lionsgate Home Entertainment

Trailer

Teilnehmer*innen:


Dominik

Facebook | Twitter | Instagram | Profil auf Moviepilot | Letterboxd


Berg

Facebook


Lasse

Website | Facebook | Facebook | Twitter | Instagram | YouTube


Peter

Facebook


Movie Club Germany

Website | Facebook | Twitter | Pinterest | YouTube


Sam

Facebook | Twitter | Instagram | Twitch

i used the following sounds of freesound.org:

Musical Snapshots by Columbia Orchestra

Short Crowd Cheer 2.flac by qubodup


License (Copyright):

Attribution 4.0 International (CC BY 4.0)

Folge direkt herunterladen
Jul 23 2020 · 1hr 2mins
Episode artwork

„Anton Bruckner - Das verkannte Genie“ kommt in die Kinos

Play
Read more
Der Film "Anton Bruckner - das verkannte Genie" widmet sich akribisch sowohl der Person als auch dem Werk des in der Musikgeschichte solitären Komponisten. Renommierte Dirigenten wie Waleri Gergjew, Kent Nagano oder Simon Rattle sowie andere Experten kommen darin zu Wort. Das musikalische Material liefern die Münchner Philharmonikern unter der Leitung Waleri Gergjews. Auf diese Weise soll unser Bild des exzentrischen Komponisten geradegerückt werden.
Jul 23 2020 · 5mins
Episode artwork

Doku: "Anton Bruckner"

Play
Read more

Reiner Moritz begeisterte sich früh für Anton Bruckner. In seiner Dokumentation und Filmbiografie nähert er sich dem Komponisten.

Jul 22 2020 · 4mins
Episode artwork

オンライン特別プログラム - ブルックナー 交響曲第9番 バーチャルコンサート / Online Virtual Concert - Anton Bruckner:Symphony No.9 in D minor

Play
Read more
交響曲第9番はブルックナーが最後に遺した大作です。

作曲の半ばに亡くなったため、全4楽章の予定が第3楽章までの未完となっています。
しかし、敬愛するシューベルトの「未完成」が2楽章のみで充分に成立しているように、
ブルックナーの第9番も、この後に何も付け足す必要がないほどに音楽として完成しています。

ブルックナーはこの曲を愛する神様に捧げました。
通常、楽曲の献呈は支援者などの身近な人たちになされるもので、
それを神様に対して行ったのは、おそらくブルックナーが初めてです。

ブルックナーの音楽は不思議で、一般的な音楽のように「聴こう」と身構えると、
つかみどころがなく、何が言いたいのかもわからず肩透かしをくらってしまいます。
音楽は少し進むとそこで途切れ、まったく違うブロックが開始されます、
これが延々と続くので、どうしても聴いていて身が入らないということもあります。

しかし一度「聴こう」という態度をやめ、聴くのではなく音楽に身を浸す感覚になると、
たちまちその魅力に気づき、そこから抜け出せなくなります。
本場オーストリアのファンは、ブルックナーの長大な交響曲が終わると、
またすぐに最初から聞き直したくなるということです。

ブルックナーはお風呂に楽譜を持ち込み、湯船につかりながら作曲していました。
ですから温泉に入るようにリラックスして、何も考えずに聴くのがいいかもしれません。
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
ブルックナーの交響曲第9番は、名作第8番に続く「奥の院」とも言える究極の作で、
音楽の深遠さは計り知れなく、地上世界を遥かに超えた宇宙的なスケール感があります。

第8番にはまだ人間的な葛藤や孤独感などが感じられますが、
第9番では徹頭徹尾、大自然や神羅万象、大宇宙の運行が描かれています。

特に感動的なのは第3楽章で、信仰の極に達したかのような法悦は他に例えるものがなく、
自身の死を前にした心境の深まりが、冒頭の輝かしいトランペットからも伝わってきます。


ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調 第1楽章 [2020][IR]
Anton Bruckner:Symphony No.9 in D minor
I. Feierlich misterioso [28:23]


このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら
Bruckner-Symphony-No9-1st-2020-IR.mp3
ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調 第2楽章 [2020][IR]
Anton Bruckner:Symphony No.9 in D minor
II. Scherzo, Bewegt, lebhaft [10:47]


このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら
Bruckner-Symphony-No9-2nd-2020-IR.mp3
ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調 第3楽章 [2020][IR]
Anton Bruckner:Symphony No.9 in D minor
III. Adagio, Langsam, feierlich [25:20]


このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら
Bruckner-Symphony-No9-3rd-2020-IR.mp3

*第2,3楽章は初出、第1楽章は演奏内容を改めました。
*全楽章にベルリンフィルハーモニー大ホールの音響を使用しています。
アンコール -encore-
ラフマニノフ:ヴォカリーズ Op.34-14 [2020]
Sergei Vasil'evich Rachmaninov:Vocalise Op.34-14 [8:04]


このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら
Rachmaninov-Vocalise-2020-IR.mp3
Jul 02 2020 · 28mins
Episode artwork

オンライン特別プログラム - ブルックナー 交響曲第8番 バーチャルコンサート / Online Virtual Concert - Anton Bruckner:Symphony No.8 in C minor

Play
Read more
この4月からバーチャルコンサート・シリーズで公開してきた楽曲のほとんどには、
あるひとつの共通項があり、それが一貫したシリーズのテーマにもなっています。

それは楽曲の構成はいずれも、ベートーヴェンの交響曲「運命」がモデルになっていて、
短調の第1楽章に始まり、同主調で長調の終楽章に終結することです。
全編を通じて暗闇から光、苦難から勝利、絶望から希望へと至る変遷が描かれています。

例えばベートーヴェン自身の「第九」はニ短調からニ長調、
ブラームスの交響曲第1番はハ短調からハ長調、
ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」はホ短調からホ長調、
チャイコフスキーの交響曲第5番もまたホ短調からホ長調、
そしてラフマニノフのピアノ協奏曲第2番はハ短調からハ長調という具合です。

今回のブルックナーの交響曲第8番も、そうした「運命」モデルを踏襲した作品で、
「運命」と同じくハ短調からハ長調という展開を通じて、闇に対する光の完全勝利を描いています。
また、第8の第1楽章では「第九」第1楽章のタターンという動機が用いられ、
「第九」と同じく第2楽章に短調のスケルツォ、第3楽章に緩徐楽章が置かれています。
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
しかし、ベートーヴェンの場合は人間が主役として中心にあるのに対して、
ブルックナーではむしろ大宇宙や大自然が前面に出て、
その偉大さを前にして佇む人間存在の孤独さ、小ささが描かれています。

ですから第8でも苦難に立ち向かう英雄像が見えるものの、闘争の末に勝利するというより、
一旦はすべてを受け入れ、その上でそれらを超えていくというような懐の深さも感じます。

第4楽章のコーダでは、それまでの楽章の主題が長調で混然一体となって絡み合い、
否定しようもない完全な光の勝利が爆発するなか、圧倒的な威力で全曲を終結します。

第1楽章の最後では短調で物寂しく響いた「ミレド」のフレーズ(正確には半音下降を含む)は、
終楽章の最後ではオーケストラの全体合奏で華々しく「ミレド」と長調で演奏されています。


ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調 第1楽章 [2020][IR]
Anton Bruckner:Symphony No.8 in C minor
I. Allegro moderato [17:38]


このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら
Bruckner-Symphony-No8-1st-2020-IR.mp3
ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調 第2楽章 [2020][IR]
Anton Bruckner:Symphony No.8 in C minor
II. Scherzo. Allegro moderato - Trio. Langsam [16:34]


このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら
Bruckner-Symphony-No8-2nd-2020-IR.mp3
ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調 第3楽章 [2020][IR]
Anton Bruckner:Symphony No.8 in C minor
III. Adagio. Feierlich langsam [26:55]


このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら
Bruckner-Symphony-No8-3rd-2020-IR.mp3
ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調 第4楽章 [2020][IR]
Anton Bruckner:Symphony No.8 in C minor
IV. Finale. Feierlieh, nicht schnell [26:17]


このブラウザでは再生できません。
再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら
Bruckner-Symphony-No8-4th-2020-IR.mp3

*第2楽章は初出、第4楽章は12年ぶりの新演奏・新録音です。
*全楽章にベルリンフィルハーモニー大ホールの音響を使用しています。
Jun 16 2020 · 17mins
Episode artwork

Anton Bruckner

Play
Read more
Den fromme och försynte orgelspelaren vållade på sin tid het debatt med sina jättelika symfonier. En världsfrånvänd kuf med ett säreget privatliv.

Låtlista: Scherzo ur Symfoni nr 9, Daniel Barenboim & Berliner Philharmoniker Credo ur Mässa e-moll, Hägerstens Motettkör Abendzauber, Christoph Prégardien & Camerata Musica Limburg Symfoni nr 4 , Daniel Barenboim & Berliner Philharmoniker Stråkkvintett F-dur, Raphael Quartet Symfoni nr 7, Daniel Barenboim & Berliner Philharmoniker
May 27 2020 · 44mins
Episode artwork

Anton Bruckner's Symphony No. 3 in D Minor - La Jolla Symphony and Chorus

Play
Read more
Anton Bruckner's much-revised Symphony No. 3 in D Minor is full of the composer's glorious writing for brass instruments, coupled with large-scale thematic shifts. Series: "La Jolla Symphony & Chorus" [Arts and Music] [Show ID: 34639]
Mar 15 2019 · 59mins
Loading